2008年と2015年の関ジャニ∞

 

本編より十一祭の方が面白いと巷で噂の
関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる‼ 
オリコン週間DVD/BD両ランキング総合1位おめでとう記念

初動が DVD13.3万枚、BD5.3万枚の計18.6万枚だそうで
そのうちの2枚が手元にあります。両種買いました…白目

ライブDVDが出るたびに思うのですが、なぜDVDを買うのか?
ここ数年は、ライブが終わると出るのが当たり前、予約するのが当たり前
DVDとBlu-ray両種買うのが当たり前…になってきて
自分でもよくわからない…なぜ買うのだろうか?買ってしまうのだろうか?

 

 

 

私が初めて買ったDVDは『47』でした。当時中学一年生。
それまで家にDVDを見る設備もなく、DVDを買うお金もなく…
お小遣いを貯めて、プレステと47のDVDを買ったのです。懐かしい
それから、過去のDVDを買ったり新しく発売されるDVDを買ったり
何回も何回も繰り返しDVDを見ました。特に47はめっちゃ見た。


私が初めてコンサートに行ったのは、2009年単独カウントダウンの時。
それ以来、なんやかんや毎年ライブに行っています。ありがたい

ここからが本題。
ライブに行き始めてから、ライブDVDを見る回数は一気に減りました。


大きな理由は2つ。ライブはDVDとは全然違う。自分の見たいものが映らない。

DVDはすごっく綺麗に編集が加えられ、見やすく聞きやすく
実際のライブより、さらに面白く素敵なものになっている。
でも私はやっぱり生のライブの方が好きだ。
ドームの音響がひどかったり、カメラのスイッチがもどかしかったり
歌詞間違えたり、音外したり、演奏を失敗したり…
完璧なパフォーマンスじゃないけれど、DVDで見るより好きだ。

DVDでは、完璧なパフォーマンスに近づくように編集してくれているけれど
DVDの映像と本物のライブは全然違うモノだとと思って(最近は)見ている。

 

そして、見たいものが映らない。見たいものも2種類あって
①どうしても譲れないポイント
②映さないようにしているもの

①のどうしても譲れないものは、例えばダンス曲での身体の使い方だったり
LIFEのCメロあと、大サビ前の大倉くんがスティックを天にかざすのだったり…
一人ひとり、ココが好き!ココを見たい!っていうのがあるのは当たり前で
そこが映らないと悲しくなるのも、物足りないのも当たり前だと思う。

 ②の移さないようにしているものは、暗転中の移動だったり
ギターを変えているところだったり、給水しているところだったり…
知らない誰かにファンサしているところより、そういうところを見たい!
(自分の双眼鏡アングルを映像化してほしいくらい、ライブ中はそんなとこしか見てない)

 

話はぶっ飛んで、さかのぼって2008年。

関ジャニ∞はライブDVD『47』で様々な偉業を成し遂げました。

「作品別売上金額ランキング」で1位
「ミュージックDVD作品別売上枚数ランキング」で1位
「アーティスト別売上金額」で1位の三冠

事務所も嵐さんじゃなく、まさかの関ジャニ∞だったらしく
「お前らかよ~ニュアンス」って言われたってHEY!3で言ってましたね…

 

2007年 47都道府県ツアーに先駆けてリリースされたのは
『ズッコケ男道』(2007.04.11発売 2種) 売上23.9万枚 
ライブDVD『47』(2007.12.12発売 2種) 売上28.2万枚(初動20.8万枚)

 2015年 全国7か所リサイタルに先駆けてリリースされたのは
『前向きスクリーム!』(2015.08.05 3種) 売上31.6万枚
映像『お前のハートをつかんだる‼』(2016.01.27 2種) 売上18.6万枚(初動)

 

ズッコケの頃は、今に比べるとリリースも少なく
他にお金を使うところがなく、2種とも購入した人が多かったのかもしれない。
47の特典はたくさんで、各地方の映像だったり寝起きドッキリだったり
初回と通常2種買う人も多かったのかもしれない。

前向きはキャンジャニちゃんverもあったし、くじもあったし…
リサイタルもHGTBダイジェストや十一祭もあったし…

 

2008年に比べてファンも増えたはずだし、知名度も上がったはずだし
大きな会場でコンサートもできるようになったわけだし…

なのに!全然売れてない!数字に出ていない!

 

(お金を使う層、自由に使える層、働いている層のファンが減って
中高生をはじめとする学生のファンが増えているような気もするしな~)

インフィニティさんもこれを(ちょっとは)深刻に考えてほしいです…
ファンが離れていってること、ファンが満足していないことに気づいてください。
(いちファンのことなんか考えてられないのも分かるけど…)

 

元気が出るLIVEの映像化、楽しみにしています!本当に!